FC2ブログ
パソコンのことで何人かの方に助けを求められて、全く初めての方から少し詳しい方までアドバイスをさせて頂くことがしばしば在りました。その際に何人かの方からネット上でも教えてもらえる事が有ったら嬉しいと言われこのブログを開くことにしました。
前回から時間が大分たってしまい申し訳有りません。
実は、このパソコンを組み立てた時、OSインストール時に撮影したモノが余りにも少なく他のパソコンで撮影するまで無理がありました。お詫び申し上げます!

気を取り直しまして、今回はいよいよ最終回その7です!


PCケース背面の電源ボタンを「○」「-」となっていますので「-」を押してから表面の電源を入れます
そしてDVDをオープンしOSCDを挿入します
resize0583.jpg

セットアップ画面になります
ライセンス契約を承諾する「F8」キーを押します
RS1130.jpg

次にキーボードの設定
「半角/全角」キーを押します
resize0584.jpg

ここでOSをインストールするかパーティションを区切るか設定します
ここで一つ疑問が出ます
HDDの中のパーティションを区切るとはどういうことでしょう
簡単に言うとHDDも私達の家と同じで区切った方が使いやすいですし、
そのうちの一つにはOSを入れるためOSが破損した時でも
もう一つのスペースに入れたデータを救出する事ができます
では「C」キーを押しましょう
RS1128.jpg

この画面では最初にMAXでパーティションの容量(部屋のでかさ)が記されています
まず「Back space」キーで数字を削除します
次に「Num Lock」キーを一回ポンと押します
それからシステムに設定したい容量の数字を入れます
要領の目安を書きますが
  80GBの時は12GB
  (最近は大容量化しているので16GBくらい)
 160GBの時は36GB
 それ以上の時は56GBほど
です
(今後OSの大容量化を考えるとそれ以上になる日も近いかもしれませんね)
数字は一桁1000KBですので
12GBは12000と打つわけです
数字を入れたら「Enter」キーを押す
RS1127.jpg

次に「Enter」キーを押し
クイックフォーマットを上下キーで選択し
RS1123.jpg

「Enter」キーを押すと簡易フォーマットが始まります
RS1122.jpg
フォーマットが終了したら(自動的に)再起動します

再起動したらWindowsの画面でインストール作業が始まります
次へ
RS1121.jpg

名前を入力します
(名前はどのように付けてもかまいません)
RS1151.jpg

プロダクトキー(購入時パッケージに付いていたシールに書かれています)を入力します
RS1139.jpg
次へ

パソコンに名前をつけます
RS1150.jpg
次へ

時間設定です
問題がない限りそのまま次へ
RS1149.jpg

次へ
RS1148.jpg

再起動したら「OK」を押す
RS1146.jpg

待つのが嫌な方は「はい」を押す
RS1145.jpg

次へ
RS1144.jpg

自動更新を指定して
次へ
RS1143.jpg

ユーザー情報を入力する
RS1142.jpg
一通り入力するとまた再起動します
これでOS入力は完了です

Windowsが起動したら未使用領域になっているパーティションをフォーマットする必要があります
また先に見やすいサイズにしてしまいます
(ここの設定はまた次の機会にします)
resize0588.jpg

次にマザーボードに付属されているドライバー(パソコンの各機能を動かすためのシステムを)を入れます
resize0589.jpg

正直英語ばかりなので抵抗がありますが一つずつクリックして行けばインストールできます
resize0591.jpg

インストールすると別画面になるものもありますがこれも指示に従ってインストールします
resize0592.jpg

次にグラフィックカードのドライバーCDを入れ先ほどと同じ要領でインストールします
resize0593.jpg

次はDVD書き込みツールを入れます
resize0595.jpg

WindowsOSをユーザー登録しましょう
(これを行わないと一ヵ月後に警告を受けます)
resize0597.jpg

これでパソコンが使えるようになりました!
resize0599.jpg
お疲れ様でした~~♪(このわんこは友人宅のわんちゃんです ゲスト出演 笑)

って言いたいところですが
今回はこれで終わりません
CPUの高速化を図ります

(ここから先は若干なりともリスクが伴いますので細かくは省きます)
オーバークロックを施します

まずBIOS画面を立ち上げます
resize0602.jpg

設定画面にします
MHzを入力します
resize0601.jpg
結構何度もやらないといけないので時間が非常に掛かります
またHzを無闇に上げ過ぎると壊れる可能性もあります

CPU Clock数値を決めて
resize0610.jpg

設定を保存して
resize0604.jpg
再起動します

CPU情報を表示するツール「CPU-Z 1.50」で動作周波数を確認します
resize0608.jpg
 「2.5GHz」
CPUがE5200と同レベルになりました
これが最初に言った話(E1200ではなく1400を購入して良かったという)の結論になります

下がCPU-Z 1.50のダウンロードサイトです
http://www.cpuid.com/

帰りに家の近くの日高やで食事をして帰りました!アップロードファイルアップロードファイル
resize0611.jpg

友人のお兄さんのパソコンはその後も快適に動いてくれており
喜んで下さっているとの事でした。
サポートした(やり方は支持したのですが作ったのは友人本人でしたので)私としては
本当に嬉しい気持ちで一杯です!ニコハート

皆さんも是非チャレンジしてみて下さい^^グー!

jumee☆Manic-Depressiveランキングに参加してま~す♪
矢印・下マウス左クリックで応援してもらえると嬉しいです!goo2
 FC2BlogRanking にほんブログ村
→ に他のランキングサイトもありますので一緒に応援して下さ~い!うっきうきな顔
スポンサーサイト






FC2blog テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

【2009/03/05 23:50】 | 自作PC
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック