FC2ブログ
パソコンのことで何人かの方に助けを求められて、全く初めての方から少し詳しい方までアドバイスをさせて頂くことがしばしば在りました。その際に何人かの方からネット上でも教えてもらえる事が有ったら嬉しいと言われこのブログを開くことにしました。
ハートランキングに参加中♪↓↓↓のひよこアイコンを左クリックしてもらえると嬉しいです!
081213_fc2_bllank_bana.gif
1日1回ポチっとしてくれると、俄然やる気度が上がります♪ファイトきゃー!あは

私事ですが、年を越す前に実家に戻っておりまして昨夜戻ってきました!
本当に申し訳ありません。反省

いよいよ、実践編として「宛名まる」を使ってあて先を印刷してみましょう。

ご友人や仕事関係の方の住所を登録保存するのには二通り有ります。
「エクセル」を使って編集する方法と「宛名まる」の機能を使って行うやり方です。

正直言いますと、「宛名まる」の機能を使ってあて先を登録するのはとても面倒なので
私個人としてお勧めしません。(※細かい修正はこちらのほうが楽ですが)

ですので作業効率を最小限にするために、今回は宛名印刷までの左端ルートを説明します。
まず「エクセル」を起動してください。もっていない方は面倒ですが
「オープンオフィス」と言うフリーウェアソフトをインターネット上からダウンロードしましょう。
(※申し訳ありませんが今回は「オープンオフィス」には触れません。本当に済みません)

081231_エクセルシート
手書きまたは名刺などを頼りに、下記の通りに各項目を打ち込みましょう。
 A ふりがな(振り仮名がいらないと思う場合、
   最初の一人目は「ふりがな」と打ち込みましょう。打ち込む理由は下記の所に出ています)
 B 氏名(苗字と名前は離しても離さなくてもよいが離した方が見栄えがよい。全角で打つ) 
 C 郵便番号(半角でハイフンを入れます000-0000)
 D 住所1(丁目番地などは半角英数字ハイフン入りで)
 E 住所2マンション・ビル名など(号室は全角英数字のほうがよい)
   ※住所1・2は長さに応じて臨機応変に振り分けてください。短い場合は住所1のみでOK
 F 連名者の名前(親族1名の場合は全角3升のスペースを空けるとよい)
 G -無記入-
 H 電話番号(半角英数でハイフンを入れて、データベースになるので宛名印刷には関係ない)
  I 携帯番号(〃)
 J FAX番号(〃)
 K 会社名
 L 役職名
 M 関係(知人 友人 親戚 仕事 の中から一つ選ぶ/Hと同じ意味合い)
複数の方の宛名が打ち終わったら、まず「ペイント」ツールと同じ手順で名前をつけて保存をします。

次に「エクセル」を開いたままでもう一度別名で「名前をつけて保存」しましょう。ただしです、このときは違う拡張子で保存したいので「ファイルの種類」を左クリックし、マウスのホールで下の行のスタイルまで行き11行目くらいにある「CSV(カンマ区切り)」を左クリックしてから「ファイル名」で先ほどと同名でよいので保存しましょう。
皆さんも保存先を見ると二つの同名のファイルが存在することに気付くはずです。
ですが同時に少しアイコンの表示が違っているのにも気付くはずです。
081231_エクセル名前をつけて保存CSV


宛名まるに使うのは実は二つ目に作成したファイルの方なのです。
最初に作成したのは、簡単に言うと「バックアップ用」です。
拡張子が「.xls」になっていると思いますが、これが通常の「エクセル」の保存方式になります。
拡張子が「.csv」はよくデータを用途に応じたツールで使用する際に使用される保存形式です。

二つデータを作成する意味は下記の理由です。
CSV形式でデータ保存すると、それだけでデータが可笑しくなったり
あと、こう言っては製作者の方には恐縮なのですが
「宛名まる」で作業しているとよくデータが可笑しくなることが有るのです。
(Aに振り仮名を打ち込むのはこのデータ破損を防ぐため)
そのため元データを保護するために必要なのです。
(追加がある時は元データを更新してからそのデータをベースに
「.csv」形式に保存しなおすのがベスト)

上記の作業が終わったら次に、いよいよ「宛名まる」を起動させます。
デスクトップ上に表示された「宛名まる」アイコンをマウス左ボタンダブルクリックしてください。
081231_宛名まる初期画面

次に「宛名まる」にあて先を登録したCSVファイルをマウス左ボタンをドロップして重ねます。
081231_宛名まるCSVドロップ

以下のように一軒目のあて先が一番左にイメージがプレビュー表示された状態になります。
081231_宛名まる
「宛名まる」は大きまかに分けると5つのパーツになります。
 ① ツールバー
 ② 編集バー
 ③ イメージプレビュー画面
 ④ あて先 選択表
 ⑤ 編集 詳細設定 パート

上記メニューの主な内容は以下の通りです
 ① ツールバー/ ファイルの管理編集を行います
081231_宛名まる-ツールバー
 ② 編集バー/ あて先、差出人の編集、書体を選択します
ここには、差出人の編集・宛名の編集(相手先)・一覧表・はがき裏面の設定及び
      はがきの種類・封筒の体裁・相手先類の表示選択・尊称選択・文字の種類選択
があります
081231_宛名まる-プレビュー編集
 ③ イメージプレビュー画面/ 印刷時のイメージをプレビュー表示します
081231_宛名まる-イメージ画面
 ④ あて先 選択表/印刷するあて先を選択します
081231_宛名まる-送り先表
⑤ 編集 詳細設定 パート/ 文字の大きさ印刷位置の微調整を行います
ここには、差出人住所・差出人氏名・差出人郵便番号
      相手先住所・相手先氏名・相手先郵便番号・相手先会社・相手先役職
があります
各項目の中にそれぞれ、横軸(+右/-左)・縦軸(+上/-下)・
               文字大きさ(+大/-小)・字と字の間隔(+広/-狭)
と言った印刷するための位置が調節できます 
081231_宛名まる-詳細設定指示画面

では上記の昨日を踏まえたうえで、実際に宛名を印刷する作業をしてみましょう。
「② 編集バー」の「差出人の編集」をマウス左ボタンクリックします
081231_宛名まる-差出人の編集
この画面で差出人、つまり自分の名前住所を打ち込みます
そうするとこのデータは自動的に「宛名まる」ツールに保存されます
「印刷プレビュー」をマウス左ボタンクリックしてメイン画面に戻しましょう

⑤の微調整の画面で最終調整をしましょう
下記は私が実際に直したものです
081231_宛名まる-微調整
体裁が出来上がったら「ファイル」を開き印刷しましょう


以上が「宛名まる」の使い方です。
よいお年を起こし下さい。m(__)m
スポンサーサイト






FC2blog テーマ:パソコン初心者 - ジャンル:コンピュータ

【2008/12/31 23:59】 | ソフト・ツールの使い方
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック