FC2ブログ
パソコンのことで何人かの方に助けを求められて、全く初めての方から少し詳しい方までアドバイスをさせて頂くことがしばしば在りました。その際に何人かの方からネット上でも教えてもらえる事が有ったら嬉しいと言われこのブログを開くことにしました。
昨日、真須美被告の判決が確定した。

個人的感情を入れると、彼女がやったのかと言うと正直、極めて黒であると思っている。

ただこの裁判は、決定打が一つもない中で状況証拠のみを基として極刑の判決を下した異例な判決だと言える。

例え対象とされる一人間の考え方やクセ、協調性のなさと言ったものがその人間の欠点としてクローズアップされたとしても、それが=「あぁあいつならやりそう」と言う思い込みを作りそれが逆にその人間を社会から隔絶してしまう事もある。それの方がよっぽど犯罪なのではないかと思ったりもする。魔女裁判もそういった歴史の良い例なのではないかと思う。

マスコミ報道も重大なものであればあるほど誇張し歪曲し的外れな方向に聴衆するものを誘導してしまい逆に捜査の邪魔をしたりもしている。
「※以前書いたマスコミの件についてはこちら http://pc0shoshinsha1ouenta.blog67.fc2.com/?q=%BE%AE%C2%F4

映画「それでもボクはやってない」は冤罪事件を題材にしたモノだが、一度容疑者としてつかまってしまうとなかなか判決をひっくり返すのは難しい。

 この事件は、本当に冤罪ではないのか?
 捜査のあり方に問題はなかったのか?
 取調べに尋問側の強迫性はなかったのか?

私は、アメリカでは証拠の一つとして用いられる「脳内指紋」を日本でも証拠の一つとして重んじるべきではないかと考えている。
重大な犯罪であればあるほど、今回の事件のように状況証拠しかないのであれば増して必要ではないかと考える。

他にも縷々問題が感じられる裁判であったのではないかと思われてならない。

(※最初に言いましたが彼女が白だと思って言っているわけではありません。捜査裁判マスコミ報道のあり方について論及しているのです!)
関連記事
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090421/trl0904211712012-n1.htm


jumee☆Manic-Depressiveランキングに参加してま~す♪
矢印・下マウス左クリックで応援してもらえると嬉しいです!goo2
 FC2BlogRanking にほんブログ村
→ に他のランキングサイトもありますので一緒に応援して下さ~い!うっきうきな顔
スポンサーサイト






FC2blog テーマ:ニュース・社会 - ジャンル:ニュース

【2009/04/23 14:52】 | ニュース
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック