パソコンのことで何人かの方に助けを求められて、全く初めての方から少し詳しい方までアドバイスをさせて頂くことがしばしば在りました。その際に何人かの方からネット上でも教えてもらえる事が有ったら嬉しいと言われこのブログを開くことにしました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



前回から時間が大分たってしまい申し訳有りません。
実は、このパソコンを組み立てた時、OSインストール時に撮影したモノが余りにも少なく他のパソコンで撮影するまで無理がありました。お詫び申し上げます!

気を取り直しまして、今回はいよいよ最終回その7です!


PCケース背面の電源ボタンを「○」「-」となっていますので「-」を押してから表面の電源を入れます
そしてDVDをオープンしOSCDを挿入します
resize0583.jpg

セットアップ画面になります
ライセンス契約を承諾する「F8」キーを押します
RS1130.jpg

次にキーボードの設定
「半角/全角」キーを押します
resize0584.jpg

ここでOSをインストールするかパーティションを区切るか設定します
ここで一つ疑問が出ます
HDDの中のパーティションを区切るとはどういうことでしょう
簡単に言うとHDDも私達の家と同じで区切った方が使いやすいですし、
そのうちの一つにはOSを入れるためOSが破損した時でも
もう一つのスペースに入れたデータを救出する事ができます
では「C」キーを押しましょう
RS1128.jpg

この画面では最初にMAXでパーティションの容量(部屋のでかさ)が記されています
まず「Back space」キーで数字を削除します
次に「Num Lock」キーを一回ポンと押します
それからシステムに設定したい容量の数字を入れます
要領の目安を書きますが
  80GBの時は12GB
  (最近は大容量化しているので16GBくらい)
 160GBの時は36GB
 それ以上の時は56GBほど
です
(今後OSの大容量化を考えるとそれ以上になる日も近いかもしれませんね)
数字は一桁1000KBですので
12GBは12000と打つわけです
数字を入れたら「Enter」キーを押す
RS1127.jpg

次に「Enter」キーを押し
クイックフォーマットを上下キーで選択し
RS1123.jpg

「Enter」キーを押すと簡易フォーマットが始まります
RS1122.jpg
フォーマットが終了したら(自動的に)再起動します

再起動したらWindowsの画面でインストール作業が始まります
次へ
RS1121.jpg

名前を入力します
(名前はどのように付けてもかまいません)
RS1151.jpg

プロダクトキー(購入時パッケージに付いていたシールに書かれています)を入力します
RS1139.jpg
次へ

パソコンに名前をつけます
RS1150.jpg
次へ

時間設定です
問題がない限りそのまま次へ
RS1149.jpg

次へ
RS1148.jpg

再起動したら「OK」を押す
RS1146.jpg

待つのが嫌な方は「はい」を押す
RS1145.jpg

次へ
RS1144.jpg

自動更新を指定して
次へ
RS1143.jpg

ユーザー情報を入力する
RS1142.jpg
一通り入力するとまた再起動します
これでOS入力は完了です

Windowsが起動したら未使用領域になっているパーティションをフォーマットする必要があります
また先に見やすいサイズにしてしまいます
(ここの設定はまた次の機会にします)
resize0588.jpg

次にマザーボードに付属されているドライバー(パソコンの各機能を動かすためのシステムを)を入れます
resize0589.jpg

正直英語ばかりなので抵抗がありますが一つずつクリックして行けばインストールできます
resize0591.jpg

インストールすると別画面になるものもありますがこれも指示に従ってインストールします
resize0592.jpg

次にグラフィックカードのドライバーCDを入れ先ほどと同じ要領でインストールします
resize0593.jpg

次はDVD書き込みツールを入れます
resize0595.jpg

WindowsOSをユーザー登録しましょう
(これを行わないと一ヵ月後に警告を受けます)
resize0597.jpg

これでパソコンが使えるようになりました!
resize0599.jpg
お疲れ様でした~~♪(このわんこは友人宅のわんちゃんです ゲスト出演 笑)

って言いたいところですが
今回はこれで終わりません
CPUの高速化を図ります

(ここから先は若干なりともリスクが伴いますので細かくは省きます)
オーバークロックを施します

まずBIOS画面を立ち上げます
resize0602.jpg

設定画面にします
MHzを入力します
resize0601.jpg
結構何度もやらないといけないので時間が非常に掛かります
またHzを無闇に上げ過ぎると壊れる可能性もあります

CPU Clock数値を決めて
resize0610.jpg

設定を保存して
resize0604.jpg
再起動します

CPU情報を表示するツール「CPU-Z 1.50」で動作周波数を確認します
resize0608.jpg
 「2.5GHz」
CPUがE5200と同レベルになりました
これが最初に言った話(E1200ではなく1400を購入して良かったという)の結論になります

下がCPU-Z 1.50のダウンロードサイトです
http://www.cpuid.com/

帰りに家の近くの日高やで食事をして帰りました!アップロードファイルアップロードファイル
resize0611.jpg

友人のお兄さんのパソコンはその後も快適に動いてくれており
喜んで下さっているとの事でした。
サポートした(やり方は支持したのですが作ったのは友人本人でしたので)私としては
本当に嬉しい気持ちで一杯です!ニコハート

皆さんも是非チャレンジしてみて下さい^^グー!

jumee☆Manic-Depressiveランキングに参加してま~す♪
矢印・下マウス左クリックで応援してもらえると嬉しいです!goo2
 FC2BlogRanking にほんブログ村
→ に他のランキングサイトもありますので一緒に応援して下さ~い!うっきうきな顔


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

【2009/03/05 23:50】 | 自作PC
トラックバック(0) |
次のステップのその前に前回の所で押さえておくポイントがありましたのでお話しておきたいと思います。カラオケ マイク
フロッピーディスクを挿し込んでいたのですが、購入リストにはありませんでしたね。無

何故でしょう!jumee☆whyL

それは「WindowsXP Home Edition OS」を選ぶ際にSP2(サービスパック2)のOEM(Original Equipment Manufacturer)版「DSP(Delivery Service Partner)版とも言う」を購入したからです。jumee☆GroceryShopping2

実はここでポイントが2点ありました。電球

一点目はSP3ではなく敢えて2を選んだ事、
そして二点目がOSの付属品としてこのフロッピーディスクを選択した事です。
※OEM版は本来、PC本体購入と言う縛りがあるため、店頭販売で、CDレコーダーやフロッピーディスクなど選択し同梱で購入しなければなりません。

今回様々なパーツ購入に当って事前に調べておいた結果、上のような条件の商品の購入に至りました。本

マザーボード「FOXCONN G31MX-K」は、SP3 OSにアップグレードしてからだとオーディオドライバー
を読まなくなってしまう可能性があること、FOXCONN社はBIOSのアップデートがオンライン上から出来ないため一度フロッピーに落とす必要性があることなどです。(両方とも現在改善されている可能性は有りますが念のため)それと友人のお兄さんが使っていたパソコンでフロッピーを使用していたと言うことも有りました。笑顔

その5までの工程で殆ど完成です。クラッカー
今回はグラフィックカードを追加購入していますのでその作業をします!

グラフィックカードのパッケージの中身を確認します
resize0566.jpg

今回はグラフィックカードを購入していますのでそれらを挿し込みます
現在のグラフィックカードの差込口のほとんどは「PCI Express x16」に統一されています
(以前のものはAGPというスタイルのものでした)
resize0568.jpg
いまだAGP規格のグラフィックカードは売られていますので気を付けてください
またハイエンドなグラフィックカードですと端っこに電源の差込口が付いているものがあります

ねじ止めします
resize0569.jpg

これで中のセッティングは終了しました
resize0571.jpg

ふたを閉じます
resize0570.jpg

ねじ止めします
resize0572.jpg

もう片方も閉じてねじ止めします
resize0573.jpg

PCケース背面グラフィックカードの挿し込み口にデジタルケーブル(先端が白いケーブル・モニターパッケージに付属)を装着してオーディオのアウトプットにオーディオケーブル(ジャック・ケーブル双方とも薄緑色)を挿し込みます
resize0578.jpg

モニター側も同様に挿し込みます
resize0579.jpg

電源ケーブルを挿し込んで
resize0580.jpg

モニターを組み立てたら出来上がり!
resize0581.jpg


では、いよいよ本体を起動させましょう!ニコッ♪次


jumee☆Manic-Depressiveランキングに参加してま~す♪
矢印・下マウス左クリックで応援してもらえると嬉しいです!goo2
 FC2BlogRanking にほんブログ村
→ に他のランキングサイトもありますので一緒に応援して下さ~い!うっきうきな顔



FC2blog テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

【2009/02/23 13:05】 | 自作PC
トラックバック(0) |
次にフロッピーディスクDVDHDDを付けます。

PCケース前面部のカバーを開けます
resize0534.jpg

こちらも板が付いたままになっていますので接合部をペンチでパチンぱちんと切ります
resize0535.jpg

パキンと外します
resize0538.jpg
上段のDVDの入る穴も同じように切り取ります

フロッピーディスクを前から挿し込みます
resize0539.jpg

張り出した部分をカバーと合わせたらねじで止めます
resize0542.jpg

DVDも挿し込みねじ止めをします
resize0544.jpg

フロッピーディスクにメインケーブルおよび電源ケーブルを挿し込みます
resize0549.jpg
HDDよりもこちらを優先したのは近いところにあるので逆にすると挿し込みにくいからです

そして最後にHDDを中側から挿し込みます
resize0550.jpg

HDDねじ止めです
resize0551.jpg

電源コードとフロッピーディスクのコードをくっ付けます
resize0553.jpg

HDDの電源とSATAケーブルHDD側に挿します
resize0556.jpg
DVDにも同じ要領で電源ケーブルSATAケーブルを挿し込みます

マザーボードにHDD・DVDから引いたSATAケーブルを挿し込みます
マザーボードSATA挿し込み口には番号があります
この順番によってBIOSでの認識番号も決まりますので意識したほうが良いでしょう
resize0559.jpg

マザーボードに電源から電源ケーブルを引っ張り挿します
resize0562.jpg

PCケース背面ファンの電源ケーブルをつなぎます
resize0563.jpg

電源を一通りつないだらファンに絡んだりしないようまとめて任意の場所にロープで結び止めます
resize0565.jpg

これで本体は一通りセットできました~!女?

グー!次


jumee☆Manic-Depressiveランキングに参加してま~す♪
矢印・下マウス左クリックで応援してもらえると嬉しいです!goo2
 FC2BlogRanking にほんブログ村
→ に他のランキングサイトもありますので一緒に応援して下さ~い!うっきうきな顔



FC2blog テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

【2009/02/20 22:34】 | 自作PC
トラックバック(0) |
PCケースマザーボードを設置したので次のステップに進みます。→鉛筆線


ケース前部から出ている配線があります
これは電源ONOFFボタンとLEDライト・内蔵スピーカの電源を取るものです
「+」「-」など細かく分かれていますがマザーボードの説明書に大体判るように書かれていますのでそれに則って配線していきます
resize0530.jpg

resize0531.jpg

これで一通り付け終わりました
resize0533.jpg

次にメモリーです
resize0526.jpg

これもCPUと同じように挿し込み口が凸凹になっていますので合わせて置きます
resize0527.jpg

置いたらグイっと押し込みましょう
resize0528.jpg
二枚挿せたら次のステップです

ニコッ♪次

jumee☆Manic-Depressiveランキングに参加してま~す♪
矢印・下マウス左クリックで応援してもらえると嬉しいです!goo2
 FC2BlogRanking にほんブログ村
→ に他のランキングサイトもありますので一緒に応援して下さ~い!うっきうきな顔



FC2blog テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

【2009/02/19 16:33】 | 自作PC
トラックバック(0) |

いえいえ
マァーク
一家に一台!
あると便利、自動車みたいですね~~^^



かおりんご
マァークさんて、すごいかも!!!!!
ご自分で、PC組み立てられるなんて。
一家に一人、欲しい存在ですね~~~~


コメントを閉じる▲
マザーボードのセッティングですニコッ♪工具

この作業は本体にセットしてからでも行えますがスペースが限られ少し面倒になるため、外に出してやっています。
たまたま友人宅はやわらかいフローリングであったためカバーだけ強いていますが、下が硬い所では軟らかい台となるものをしきましょう。(床も傷つく恐れがありますし、何よりマザーボードが破損する恐れがあるためです)

CPUを取り付けるために固定レバーを上げ
保護シートを外します
resize0511.jpg

CPUを箱から取り出し、マザーボードに方向を合わせて軽く乗せるように置きます
resize0513.jpg
注意する事はCPUは細かい針が沢山出ていますので落として曲げない事です

パズルと同じようにくぼみに合わせはめ込むようにします
resize0514.jpg

外したレバーを下げ固定します
resize0516.jpg

次にファンCPU冷却機)をセッティングします
注意点はマザーボードからファンを回すための電源を取るためコードがファンにからまないようにすることとコードの長さが程よい所に来るようにセットする事です
resize0517.jpg

はめ込み式になっていますの少し力を入れて押し込みます
resize0518.jpg

最後にファンのコードをマザーボードの電源に方向を合わせて挿し込みます
resize0519.jpg

マザーボードを外部接点の場所の穴に上手くはめ込みながらケースに乗せます
resize0521.jpg

マザーボードをケースにねじで固定します
resize0524.jpg


次にアップロードファイルjumee☆arrow6R

jumee☆Manic-Depressiveランキングに参加してま~す♪
矢印・下マウス左クリックで応援してもらえると嬉しいです!goo2
 FC2BlogRanking  にほんブログ村
→ に他のランキングサイトもありますので一緒に応援して下さ~い!うっきうきな顔



FC2blog テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

【2009/02/18 13:36】 | 自作PC
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。